パソコンの出張故障修理サポートなら姫路パソコンサポートセンターマックス

姫路で大人気!パソコン出張サポート修理・トラブル解決!マックスPC救急隊
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
COM Surrogate は動作を停止しました 兵庫県姫路市の出張パソコンサポートセンターマックス

こんにちは。マックス姫路パソコンサポートセンター・マックスプランニング合資会社の松本匡人です。

パソコンの修理、パソコンの出張サポート、パソコンのトラブル解決専門会社です。

 

 

パソコンを起動直後から、ずーっと出てくるこのエラーをなんとかして欲しいとの依頼です。

エラーを「×」で消しても、すぐに出てきて何かとうっとうしいエラーです。

 

ネットで検索すると、エクスプローラーでフォルダを開いたり、フォトビューアーで画像を開いたときに出ることが多いようですが、何かと競合しているのか、消しても再読み込みが掛かっているようで、ポインターがものすごい勢いで点滅をしています。

※速すぎてまるで止まっているかのように・・・

 

system32の中にあるdllhost.exeを64WOWからコピーする方法などがネット上にありますが

フォルダを開くと、すでにリネームした痕跡がありました。

おそらく依頼者のPCにちょっと詳しい知人が触ったのだろう。

 

エクスプローラー関係のトラブルであるのは間違いないと思いましたので

キャッシュを削除して様子を見ました。

まずCcleanerで掃除します。

 

それから、IE10以降に新設された「WebCashe」というフォルダの中身のキャッシュも削除します。

WebCasheはOSが不調になったときでもクリアにすると調子が戻ったりします。

このフォルダはシステムファイルですので通常は見えません。

ちなみに場所は→ C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows¥Webcashe となっています。

 

このフォルダに辿りついても通常ではクリアに出来ません。

別の管理者ユーザーからでないと消せません。

今回はコントロールパネルから新たにユーザーを作り、新しいユーザーでログインし直しました。

 

いつものユーザーがAだとすると、Bというユーザーが加わっています。

Bは管理者権限がないとダメです。

 

Bでログインし

C:¥Users¥Aユーザー名¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows¥Webcashe

AユーザーのWebCasheの中身をクリアします。

 

そして、もう一度Aでログインしたところ

エラー表示はなくなりました。

 

Bユーザーは必要ないのでコントロールパネルから削除して、作業は完了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■マックス姫路データ復旧センター(http://res9.me
壊れたパソコンやHDDからデータを抜き出し!

 

集客キングの使える&使えねぇスタンプ

絶賛発売中!→https://store.line.me/stickershop/product/1310739/ja


PCの故障修理は出張サポート専門の、マックス姫路パソコンサポートセンター データ復旧もお任せ!
HP●http://maxx.co.jp/
兵庫県姫路市のパソコン修理業者で圧倒的に実績と信頼があります!→http://maxx.co.jp/jisseki.html
親切!丁寧!フットワークも軽い!そして何よりも爽やか!!

■名刺小僧(http://mp.vc/
20枚配れば仕事が舞い込む不思議な名刺!

■集客キング(http://maxx.jp/
姫路で一番ネット集客の実績を上げているウェブコンテンツ制作会社!

 

 

 

 

友だち追加数
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.maxx.co.jp/trackback/333
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.